【お客様のことが見えなくなったら読む本】課題図書|レビュー

みなさんこんにちは!望月です!
京都は暖かくなったと思ったらまた寒くなり洋服のチョイスが大変です。
本日ご紹介
する本は、「お客様のことが見えなくなったら読む本」です。
お客様のことを考える良い機会になると思います。

【お客様のことが見えなくなったら読む本】のざっくりした内容

本書では、「欲求の5段階説」をキーワードに、お客様の欲しいを理解する方法を紹介しています。
「欲求の5段階説」は、生理的欲求、安全の欲求、社会的欲求、承認の要求、自己実現の欲求の順番で移っていくと考えられています。

これは、消費者心理にも応用でき、ご自身のお客様は、この5段階の欲求のどこに当てはまるのかを見極め、それぞれのアプローチ方法が記載されています。

スタッフレビュー

望月レビュー

本書を読んで、インファクトのお客様は5段階欲求のどこにいるのかを考え直す良いキッカケになりました。
提案内容がお客様のレベルより低くても高くてもだめだということに気づきました。
お客様によってアプローチの方法を変えないと、本当に欲していることは提供できません。
何で困っているのかを正しく理解し、先回りして提供できるようにしようと思います。

コンノレビュー

人には欲求の段階によって求めることが違う。
自分のお客様はどの欲求の段階なのか理解し、お客様のことをしっかり見て考えることが重要。
商品やサービスを制作する時、お客様の要望を聞いてしまいますが、要望を聞くのではなく、困っていること・解決したいことを聞き出すことが大切だということに気付かされました。
何かを解決したいから、今の現状に不便、不満があるから改善するために、HPやブログ、採用サポートをお客様は求めているということを忘れずに仕事に取り組んでいきたいと思いました。

名畑レビュー

自分達がしているサービスはお客様にあっているのか、希望通りになっているのか、考えさせられる本でした。
お客様の悩みはそれぞれ、段階も変わっていきます。
自分もですが、お客様も自分の悩みをはっきり言わなくても分かって欲しいと思っているかもしれません、もしくはお客様自身も何に悩んでいるか気付いていないかもしれません。
なので、お客様より先に必要としているものを気付く・理解する必要があります。
改めて1人1人お客様との時間を大切に自分に何ができるのか、胸を張って言えるように考えていきたいと思いました。

波塚レビュー

商品が溢れ、物がある程度満足した状態である今の時代はモノよりもコトが重要という意味で共感しました。お客様が何かを望んでいるか?を再度見直し直すキッカケになる本でした。
目に見えるモノだけに集中するのではなく、より広い視野や目線、そして「自分がお客様だったらどう思うか?」をもっと寄り添って考えていきたいと思いました
普段の生活の中でこう反対面、痒いところにも手が届くような、「コト」が実現できている商品には値段が高くてもつい買いますします。そんなあなた客線の商品ってどんなものだろう?と突き詰めたいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか
自社のお客様は何で困っているのかを考える機会になるキッカケになると思います
ぜひ、お手にとって読んでみてください

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
望月 翔太

望月 翔太

株式会社インファクトで、WordpressやECサイトの構築、コーディングを担当しています。日々進化する最新の技術に対応できるように常に勉強をし続け、お客様の期待値を超える仕事を日々し続けてまいります!
インファクトスタッフブログでは、WEBマーケティングの方法やECサイトがどのように作られているのかなど、みなさまの立場に立ってわかりやすく情報を発信し続けてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします!
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!