広報なら誰でも思う!プレスリリースの疑問あれこれ

おはようございます、石川です!
今回は広報担当が避けて通ることはできない、プレスリリースの疑問についてです。

プレスリリースはどこに送ればいいの?

プレスリリースの送付先はたくさんあります!新聞、テレビ、ラジオ、雑誌etc…
どの媒体に取り上げてもらいたいかを考えてもいいですし、プレスリリースの内容に合ったメディアを選ぶことも一つの方法です。
例えば「新聞」という媒体にも、全国紙と地方紙があります。地元密着のイベントなどであれば、全国紙よりも地方紙の方が、地元の人に見てもらえるため効果があります。”数撃ちゃ当たる”方式で、とにかくたくさん送付するという方法もありますが、リリースの内容によって送付先を変える方が効率的です。

プレスリリースはどうやって送るの?

郵送、FAX、メール、、、どの方法でも大丈夫です。それぞれの送付方法にメリットデメリットがありますので、媒体に合わせたやり方で送付ができると理想的ですね。
新聞や雑誌など、紙の媒体は、紙のプレスリリースが届くことを好みます。逆にネットメディアなどは紙がかさばらないという理由から、メールで届くことを好むようです。
いずれにせよ、メディアには毎日、大量のプレスリリースが送られてくるため、埋もれてしまうことがほとんどです。メールで送付した際には、メールを開いてもらえないことすらあります。いかに記者の目に届けるか、ひと工夫が必要です。

どんなネタが好まれるの?

メディアの記者さんたちは、常に「ネタ」を探しています。そのため、プレスリリースは大歓迎なのですが、媒体により求めているネタが違います。記者さんの求めているネタのプレスリリースであれば、取材や記事に繋がります。
また、企業の「宣伝」は採用されないことがほとんどです。記者さんや読者が求めているのは、宣伝ではなく「ニュース」です。
自社のプレスリリースが、どの媒体に合っているのか、どの媒体の求めているニュースなのか、媒体研究も広報の仕事のひとつです。

おわりに

メディアには毎日、本当にたくさんのプレスリリースが届きます。
「送ったけれど、無反応だった」ということの方が圧倒的に高いです。心折れますが、広報活動は諦めずにコツコツ続けていきましょう!

  • シェア
  • twitter
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!