【Google】新しいシートの作成は「〇〇.new」と入力するだけ!

こんにちは!インファクトの香月です!
突然ですが、「Googleスプレッドシート」「Googleドキュメントシート」「Googleスライド」は利用されていますか?それぞれスプレッドシートはデータ管理、ドキュメントシートはメモや議事録、スライドは提案などに利用でき、大変便利なアプリとなっています。

そこで本記事では、それぞれのシートをご利用の際にアプリから「新規作成」するのではなく、裏技として、もっと簡単にシートを「新規作成」する方法を皆さまに共有していきます。ちなみに、今回ご紹介する裏技は、Googleならでは機能になります。

[従来型]Googleスプレッドシートの新規作成

まずは従来の多くの人が行っているであろう、新規作成方法についてご紹介します。
Google chromeのTOPページから画像と同じように、Googleアプリを開きます。次にアプリの中にある「スプレッドシート」をクリックします。

その後、上記画像のように空白をクリックすると新しい「スプレッドシート」を作成できます。

しかし、この方法では新しいタブを開き、Googleアプリ、スプレッドシーをクリックし、新しいシートを選択するというようにように4工程かかってしまいます。

[裏技]Googleスプレッドシートの新規作成!

そこで今回はURLに直接入力する方法をお伝えします。直接入力すると一発で新しいシートを作成できます。
上部アドレスバーもしくは下部検索バーに、「sheets.new」とURLを入力し、Enterを押します。

すると無題のスプレッドシートというタイトルで、シートを新規作成できます。

[従来型]Googleドキュメントシートの新規作成

従来の手間がかかってしまう方法は先ほどと同じです。Googleアプリから「ドキュメントシート」のアプリを選択すると、下部画像のページに移ります。そこから空白を選択して新しい「ドキュメントシート」を作成となります。

[裏技]Googleドキュメントシートの新規作成!

そこで「ドキュメントシート」についてもURLを入力する方法をお伝えします。
同じくアドレスバーあるいは検索バーに、「docs.new」と入力しEnterを押します。

Enterを押したら、無題のドキュメントというタイトルで「ドキュメントシート」を新規作成できます。

[従来型]Googleスライドの新規作成

手間がかかってしまう方法は、先ほどお伝えしたとおりです。
Googleアプリから「スライド」を開きます。そこで新しいプレゼンテーションの作成ができます。

[裏技]Googleスライドの新規作成!

次にURLを直接入力する方法についてご説明します。
スライドを開く際の、アドレスバーか検索バーに入力するURLは「slides.new」です。

 

入力し、Enterを押すと、無題のプレゼンテーションという新規「スライド」を作成できます。

今回ご紹介した「〇〇.new」の一覧

oogleドキュメントdoc.new
Googleスプレッドシートsheet.new
Googleスライドslide.new

まとめ

本日は「スプレッドシート」「ドキュメント」「スライド」のGoogleシートの新規作成について、手間を減らす方法をお伝えしました。
改めてですが、スプレッドシートは「sheets.new 」、ドキュメントは「docs.new」、スライドは「slides.new」を入力します。
提案資料や社内の記事録、見積書などで、Googleシートをお使いの方は多いと思います。今日すぐに使える内容として、是非実践していただきたいです。
本記事の内容を仕事に取り入れることで、皆さんの有益な時間が少しでも増えれば幸いです。

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

インファクト編集部

中堅・中小企業売上UP研究所by株式会社インファクト【INFACT】です。WEB&ソーシャルメディアマーケティングを得意とし販売促進支援企業として販促コンサルティングからWEB制作・カタログ・パンフレット制作まで企業の売上アップをサポートします。http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!