リターゲティング(リマーケティング)広告って何ですか?

20141111b

読書の秋、の廣田です。 今日は、リターゲティング(リマーケティング)広告についてです。

目次

  • ①リマーケティング広告とは
  • ②どんなもの?
  • ③メリットとデメリット
  • ④最後に

①リマーケティング広告とは

リターゲティング(リマーケティング)広告とは、一度ウェブサイトに訪れたユーザーをマーキングし、そのユーザーが、他のサイトを閲覧している時に広告を出すという手法です。その他のサイトというのが、Googleのネットワークを使うか、Yahoo!のネットワークを使うかで呼び方が違います。 Yahoo!=リターゲティング Google=リマーケティング です。

②どんなもの?

例えば、この画面。Yahoo!のニュースサイトです。 国際ニュース_-_Yahoo_ニュース 「赤枠」が広告枠です。広告は、通常そのウェブページの内容に合ったものが出てる事が多いのですが、全く関係ないものばかりです。そして、「緑の矢印」は、私が最近ウェブサイトを見た事があるものです。これは恐らくマーキングされてますね!どこに行っても付いてきます(^^;) (他は、「青の囲み」の単語をヒントに、マッチングされているという感じでしょうか。) リターゲティング(リマーケティング)広告では、こういう事ができます。 皆さんも、「見た事があるサイト」に追っかけられた事ありませんか?

③メリットとデメリット

一度ウェブサイトに訪れたユーザーが、なにもアクション(購入、申込みなど)をせずに去った場合、考えられるのは 1、今すぐは必要ない 2、他の商品と迷っている 3、気に入らなかった がほとんどでしょう。 1や2の場合、この方法はとても効果があると思います。 この広告をみて、「そういえば、こういう商品もあったな」と、思い出すきっかけになったり、常に視界に入る事で、ある意味「摩り込み」のような効果が生まれるからです。 でも、3の場合は最悪です!一度ウェブサイトを見たものの、気に入らなかったサイトの広告が常に視界に入ってきたら、ちょっとうっとおしいなと、思う人も居るのではないでしょうか。

④最後に

デメリットもあるものの、再訪問を促す強力な広告手法だと思います。 次回は、実際の設定方法をご紹介しますね!

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
廣田 くみ子

廣田 くみ子

広告運用管理株式会社インファクト
化粧品販売店の美容部員を6年半。
その後5年間、広告代理店で広告媒体の営業&管理運用を担当。
現在は主にWEB広告の管理運用に関わる。http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!