WordPressブログで特定カテゴリーのRSSフィードURLの出し方

こんにちは!

秋の様な涼しさを感じる京都の山井です。
ブログを書かれいる方で、「ブログ記事を別のサイトに表示させて紹介したいな」と思われる方がおられるのでないでしょうか?

中でも、全ブログ記事を表示させるのではなく、サイトにあったカテゴリーの記事のみを表示させたい場合があるかと思います。
そこで今回は、特定のカテゴリーのみの記事を表示させる方法をご紹介いたします!!

ブログ記事を読み込ませるためのRSSフィードとは?

ブログ記事を別のサイトで表示させるには、RSSフィードが必要になります。
※RSSフィードとは、Webサイトのニュースやブログの更新情報の日付やタイトル内容などをまとめたファイルです。
これを表示せたいサイトに読み込ませると、ブログ記事が表示されます。

特定のブログカテゴリーを表示する方法

RSSフィードでブログと違う別サイトで表示させるときは、主に全ブログ記事で最新記事のみを表示させている事が多いです。
しかし、中にはサイトの目的にあった記事のみを表示させたいという事があります。
そんな時は、特定のブログカテゴリーのみを表示させる事ができます。特定のカテゴリー表示方法はとても簡単です。

インファクトブログを参考に説明していきます。

 

インファクトブログの「特にオススメ記事」というカテゴリーのみを表示させたい場合、まず「特にオススメ記事」一覧のページに飛びます。
そして、そのURLをコピーしてURLの最後に「/feed」を付けます。

例:https://www.infact1.co.jp/staff_blog/category/f-post/

             ↓

  https://www.infact1.co.jp/staff_blog/category/f-post/feed(フィード用URL)

するとフィード用にURLが完成し、ブラウザで開くと下記の様な画面が表示されます。

このフィード用のURLを表示させたいサイトに設定すると、特定カテゴリーの記事のみが表示されます。
今回はインファクトのコーポレートサイトに表示させました。

カテゴリーの「特にオススメ記事」一覧がインファクトのコーポレートサイト表示されています。
これで特定カテゴリーのみのブログ記事を表示させる事ができます!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
特定カテゴリーのURLの最後に、「/feed」を付けるだけでフィード用のURLが完成します。
それを表示させたいサイトに設定するだけで、特定カテゴリーの記事のみが表示されるのでとても簡単です。
ご自身でできなければ、フィード用のURLを技術者に渡せば簡単に表示してもらえます。
ぜひ、ご活用ください!

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
山井海人

山井海人

INFACT 京都office 株式会社インファクト
京都生まれの株式会社インファクトのディレクターです。
京都を代表する観光地の嵐山に近い右京区で育ちました。
過去に広告会社で営業を経験し、ヘルス業界を中心にホームページやポータルサイトを介した集客のお手伝いをしていました。そこで、WEBマーケティングの有無や良し悪しで集客に大きく影響を受ける事を学びました。その経験を活かし、インファクトではお客様の課題に沿った最適なWEBサービスをお届けできるよう努めています。
http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!