Googleキーワードプランナーの使い方(初級編)

グーグルのキーワードプランナーの使い方
こんにちは、波塚です。

今回は、Googleの便利ツール、キーワードプランナーの使い方を紹介します。

①キーワードプランナーを使うには

Googleアドワーズのアカウントを持っていれば無料で何度でも使用できます。
ログイン→運用ツール→キーワードプランナーを選択します。
Google_AdWords_001_

画面を見ると、それぞれ用途に合わせた項目がでてきます。

Google_AdWords_002_

やりたい事に合わせて選択し、使用しましょう。

②キーワードプランナーで、キーワードを作る

リスティング広告を始める際、最も時間や頭を使うのがキーワードの作成ですが、このツールを使えば簡単に作成できます。
「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」を選択

Google_AdWords_003

入力する項目は3つ。キーワードだけでなくリンク先のURL、商品のカテゴリーなどを入力することで思わぬキーワードを発見できたりします。

①検索数を知りたい商品やサービスに関連するキーワード(2〜3つ)を入力します。
②自分のブログやホームページ等のURLを入力。
③商品やサービスのカテゴリーを設定
Google_AdWords_004_

必要事項を記入して下部ボタンをクリックすると、こんな感じで出てきます。

Google_AdWords_005
「月間検索ボリューム」「推奨入札単価」等も参考にしながら、自社の商品やサービスに合ったキーワードかどうか、よく考えて使用しましょう。

キーワードの作成については、こちらも参考にしてみて下さい。
リスティング広告のキーワード選定の仕方(初級編)

使用変更でキーワードプランナーの検索数が曖昧に!?

2016年8月上旬頃、キーワードプランナーの使用変更により「月間平均検索ボリュームのグラフ」「月間検索ボリュームが曖昧な数字になる」等の影響がでています。

詳しくはこちら
Googleキーワードプランナーが使えない?|検索数が変な表記に
https://www.infact1.co.jp/staff_blog/webmarketing/seo/29469/

③キーワードプランナーで、検索数をチェック!

作成したキーワードが、どれくらい検索される見込みか、過去のデータを元にチェックする事ができます。全く検索される見込みの無いキーワードは省いて運用をシンプルにするなど、運用キーワードの精査に役立ちます。

「検索ボリュームと傾向をs」を選択。
必要事項を記入すると、この様に出てきます。

Google_AdWords_006
今回「WEB集客」で入力したキーワードの月間検索数(予測)は100〜1000回でした。

④キーワードプランナーで、クリック単価をチェック!

作成したキーワードが、どれくらいのクリック単価になるか、過去のデータを元にチェックする事ができます。クリック単価が高すぎるキーワードは省いて予算を効率よく使用するなど、運用キーワードの精査に役立ちます。

「キーワードのトラフィックの見積もりを取得」を選択。
必要事項を記入すると、この様に出てきます。※入札単価は必ず入力
Google_AdWords__キーワード_プランナー
今回入力したキーワードの平均クリック単価(予測)は211円でした。

⑤キーワードプランナーで、キーワードを増やす!

作成したキーワードだけでは検索数が少ないので、キーワードを増やしたい。コンバージョン率が悪い(購入や申込みなどの成果に繋がりにくい)ので、キーワードを掛け合わせてニーズがより高いユーザーのみを選別したい。などの場合、役に立ちます。

〈「キーワードのリストを組み合わせて新しいキーワード候補を取得」を選択〉
組み合わせたいキーワードをこのように入力すると・・・
Google_AdWords__キーワード_プランナー

この様に出てきます↓
Google_AdWords__キーワード_プランナー
一気にキーワードが増えますね。
こちらも②と同様に、「表示回数」「平均クリック単価」等も参考にしながら、自社の商品やサービスに合ったキーワードかどうか、よく考えて使用しましょう。

まとめ

使い始めはとても複雑でよくわからないと思いがちですが、どんなツールも「慣れ」が肝心です。上記を参考に、必要ツールを選んだら、どんどん使って使いこなしましょう!

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
波塚浩平

波塚浩平

デザイナー&コーダー株式会社インファクト
デザイナーの波塚です。昔からものづくりが好きで、なんでも自分でつくりたくなってしまうことが多いです。好きな言葉は「若いときに流さなかった汗は、老いてから涙となって返ってくる」です。後で後悔しないよう、今を全力で突き進みます!
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!