ブログにGoogleマップを埋め込んだ方がいい理由

20161017

企業のメディア化アドバイザーの岡田です。
「企業のメディア化」で自分たちで発信する場所=ブログを活用し、イベントの告知などを自分たちで発信する企業が増えています。

そんなときは必ず、イベント会場などの場所情報はGoogleマップで埋め込むようにしましょうね。

今日は、

ブログ記事にGoogleマップを埋め込んだ方がいい理由

を解説します。

目次

  • スマホの利用率が7割
  • タップするとGoogleマップのアプリが起動します
  • まとめ

スマホの利用率が7割

各サイト多少割合は異なりますが、今やスマホでのアクセスは約7割と言われています。コーポレートサイトではなくブログ記事だとその割合がもっと高いところもあると思います。
弊社のお客様の中では8割を超えているところもあります。

タップするとGoogleマップのアプリが起動します

とくにイベント募集や告知の記事の場合は、その会場に行く際、スマホを片手に向かいますよね。
昔のように地図を印刷して・・・なんてことはしませんよね。
Googleマップが埋め込んであれば、その記事のマップの部分をタップすると自動的にGoogleマップのアプリが起動し、GPSをオンにしてあれば、今いる場所からの経路案内まで自動的にしてくれます。
14702389_661111037385120_3316578061661029120_n

14671247_661111050718452_7080198317745523466_n

まとめ

いかがだったでしょうか。ユーザーとして使うときは、スマホでGoogleマップが埋め込んであるものを見るとタップしてGoogleマップのアプリを起動し、便利に使用しているのに、発信する側にたつとGoogleマップをブログ記事に埋め込むということを忘れてしまう人が多いようです。
なんでもそうですが、ユーザーの行動を想像し、それがスムーズに行えるようにしておくのは、集客するときの基本です。みんな面倒だと、動かないのです、笑

■関連記事 そもそもどうやって埋め込むのー?という人は↓。Googleマップをブログに埋め込む方法を解説しています。
WordPressブログ|Googleマップを埋め込む方法

The following two tabs change content below.
岡田 ゆうか

岡田 ゆうか

INFACT 京都office 責任者株式会社インファクト
「企業のメディア化®」アドバイザーとして、企業のオウンドメディア立上げやコンテンツマーケティングの導入、WEBマーケティング コンサルティング、WEBサイト、ECサイト、その他アプリの制作まで、企業の集客・販促をお手伝いしています!
大手システム会社で3年、広告代理店で8年営業兼ディレクター、インファクトで「企業のメディア化®」研修講師をしてきた経験が今も活きています。
得意業界:化粧品、通販化粧品、育児、旅行、薬局、不動産
http://www.infact1.co.jp/

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ブログの読者になる
ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

販促担当の方必見!素人でも伝わる原稿を書く方法

岡田 ゆうか 岡田 ゆうか

記事を読む

彼女へのクリスマスプレゼントはアクセサリーPePe(ぺぺ)で決まり!

加藤 拓 加藤 拓

記事を読む

Facebookにログインをしていることを隠す方法

加藤 拓 加藤 拓

記事を読む

WEB担当者必見!コンテンツマーケティングでもペルソナ設計が大事

加藤 拓 加藤 拓

記事を読む

Googleアナリティクスの解析方法まとめ

インファクト編集部 インファクト編集部

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
インファクトベトナム語ブログ
2017|SNS広告でクリック率が高い広告画像の作り方!

雪が積もる京都officeの岡田です。 今日はMarkeZineという

ブログで英数字を使う時は全角と半角どちらで統一するべき?

こんにちは、名畑です。 今年も様々な情報を発信していきたいと思って

Instagramで自分が探したいユーザー・投稿を検索する方法

Instagram(インスタグラム)は、Facebookのシェアや

訪日観光客の旅行消費額と時期について

あと、2年でオリンピックですね。 訪日観光客は年々増えてきています。

ブログ記事を書く時間がない!?仕事の合間に時間を捻出する方法

こんにちは。WEB集客&メディア化アドバイザーの持田です。