Gmailのフィルタ設定でメールを転送する方法

20150717a

おはようございます、名畑です。
急に今週から暑くなってようやく夏の準備を始めようとしているところです。
やはり薄着でないと生きていけませんね…!

今回はGmail宛に来たメールを他のメールへ自動で転送する方法を紹介します。
転送といってもGmailにもメールが残るのでとても便利です♪

目次

  • メールの転送設定
  • フィルタで複数のメールアドレスへ転送
  • おわりに

メールの転送設定

20150717a01

Gmailの右上の歯車から設定をクリックします。

 

20150717a02

上のタブメニューから「メール転送とPOP/IMAP」を選択します。
すると転送アドレスを追加のボタンが出てくるのでクリックします。

 

20150717a03

転送で送りたいメールアドレスを入力して次へをクリックします。

 

20150717a04

転送先にGmailから確認コードが送られるので確認しましょう。

 

20150717a05

メールが送られてきたらメールアドレスがあっているか確認して確認コードをメモするかURLをクリックして転送の許可をします。

 

20150717a06

確認コードの場合は再び「メール転送とPOP/IMAP」を選択して確認コードを入力します。

 

20150717a07

転送先に設定できるようになったのですべてのメールを転送したい場合はここで設定します。
送られてきたメールはGmailに既読や未読で残すこともできますし削除することもできます。

 

20150717a08

設定を変更したら変更を保存して完了です。

この転送設定は簡単にできますが1つのメールアドレスにしか転送することができませんので注意して下さい。

 

フィルタで複数のメールアドレスへ転送

メールの転送設定で1つのメールアドレスへしか転送できませんが、フィルタを設定すれば複数のメールアドレスに転送・設定することができます。

フィルターの設定・メールの整理の方法はこちらのブログをご覧ください。

これで解決!Gmailのフィルタ設定でメールを振り分ける
https://www.infact1.co.jp/staff_blog/webmarketing/11725/

 

20150717a09

Gmailの設定からフィルタを選択し、新しいフィルタを作成します。

 

20150717a10

フィルターの設定をします。
Fromに転送させたいメールアドレスを入力します。

すべてのメールを転送したい場合は「.」と入力します。
確実にすべてのメールが転送されるとは限りませんので注意が必要です。
入力したらフィルタを作成します。

 

20150717a11

次のアドレスに転送するで転送したいメールアドレスを選択・アドレスを追加して設定しましょう。
転送先アドレス追加はメールの転送設定と同じです。
削除するにチェックをしなければGmailにも送られてきたメールはそのまま残ります。
念のため迷惑メールにしないにもチェックをしてフィルタを作成をクリックします。

 

20150717a12

設定が完了するとフィルタの一覧に表示されます。
このフィルタを作成していくことで複数のメールアドレスにGmail宛のメールを転送することができます。

おわりに

Gmailのフィルタはいくつでも作れますが、この転送設定は20個までしか作成できないので注意して下さい。
また最初の方法は1つのメールアドレスにしか送れない・すべてのメールが転送されるのでそれぞれの特徴に注意して設定してみてくださいね。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
名畑かなえ
株式会社インファクトのディレクターです。
フロントエンジニアだった知識を活かしてお客様のためになるような情報発信、制作を行なっております。また日本だけでなくベトナムスタッフとも連携して業務をとりまとめております。
好きなことは、自分で1から考えるものづくり。本の装丁が気になったり布ものやお菓子を自分でデザインして注文するのが好きです。
やっぱりはちみつなしでは生きてゆけない。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!