reCAPTCHAとは|フォームにキャプチャ認証システムを活用する理由

最近では様々な場所で「私はロボットではありません」とこのような表示を見た事があると思います。
チェックするだけで済んだり、その後画像認証が出た場合当てはまる画像を選択して…と経験があると思います。
正直これまでチェックせずに済んだのに面倒だなと思う方がいらっしゃると思います。
ですが、この機能がないと送信したのに受取の確認がとれていない等のデメリットが発生してしまいます。
今回はこのreCAPTCHAを活用する理由を解説いたします。

reCAPTCHAとは

上の画像の、Googleが開発したWEBサイトにアクセスしているのがロボットであるか、人が作業しているのか判断ができるシステムです。
reCAPCHA公式サイト
https://www.google.com/recaptcha/intro/v3.html

最近ではGoogleをはじめチャットワーク等様々なサイトで見る機会が増えました。
左側にチェックを入れることで認証されます。

さらに人間が操作しているかどうかを確認するため、画像認証が表示されます。
「道路標識のタイルを選択してください」等様々なパターンが出て、該当する画像を選択すると認証されます。

AIの技術も使用することでロボットであるか人間であるかを判断してくれます。

フォームに導入しないと起こること

「ロボットと人間を区別」といってもイメージがわかないと思います。
最近ではチケットを大量にbotが買って欲しい人が買えないというニュースが多いですが、WEBに公開しているフォームも同じようなことが起こります。

実際フォームでおきた内容を紹介します。

スパムメール内容

突然このような適当な内容のメールが送られてきます。
その後同じようなメールが約1分おきにずっと送られ続けてしまいます。

約1分おきにスパムメールを受信

これは、ロボットがフォームの動きを覚えてランダムに入力・送信を続けているのでフォームからスパムが断続に送られます。
この流れを止めるにはすぐにフォームを修正又は閉鎖するしかありません。

また添付ファイルを送ることのできるフォームですと、ウィルスが送信され開封した際に感染、社内のパソコンにも感染し情報が漏洩してしまう可能性もあります。

スパムメールは流れの決まった箇所にテキストを流し込むロボットが行なっているので、ロボットがしているのか人間が入力しているのか判断をする機能が必要になります。
その時に便利なのがこのreCAPTCHAです。
実際にreCAPTCHAをフォームに設定することで、フォームからのスパムメールがなくなりました。

導入するメリット

このように一番の目的はbotからのスパム攻撃を遮断することです。
botとは、フォームの観点で簡単に言うと、適当な文章をずっと送り続けるロボットが行なっているシステムです。
スパムメールが送られ続けると正規に送った人が送られない・気付いてもらえない可能性も出てきます。
また、メールが大量にくるので通知が止まらない上、ヘタをするとメールのサーバーがパンクしてしまって使えなくなってしまうことも起こります。

フォームや世の中に出ているサービスを使っていれば同じことが往々に起こり得ることです。
reCAPTCHA以外の方法でロボットを防ぐ方法もありますが、その場合は個々に設定・開発が必要になるので高額の費用がかかります。
簡単にかつ高いセキュリティの機能が使えるという点でreCAPTCHAが多くのサイトで活用されています。

まとめ

reCAPTCHAはフォームを使用するお客様、フォームを受信する自分達を守るためにも必要な機能です。
スパム攻撃は時代の経過と共に悪質になってきており、起きてからでは遅いのでフォーム開設時からの設定をオススメします。

インファクトでもお客様のフォームにはこのreCAPTCHAの機能を付けています。
少し不便に思うかと思いますが、安全にフォームを送受信できる手助けをしているので、その点を理解していただけると嬉しいです。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
名畑かなえ
株式会社インファクトのディレクターです。
フロントエンジニアだった知識を活かしてお客様のためになるような情報発信、制作を行なっております。また日本だけでなくベトナムスタッフとも連携して業務をとりまとめております。
好きなことは、自分で1から考えるものづくり。本の装丁が気になったり布ものやお菓子を自分でデザインして注文するのが好きです。
やっぱりはちみつなしでは生きてゆけない。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!