読んで学ぶ!デザイン系の定期刊行雑誌を紹介します。

こんにちは!最近、最新版のiPadを買い、タブレットデビューしめちゃくちゃエンジョイしている波塚です。

今まで紙に書いていたコト、買っていた本が全てデータになり、いつでも持ち歩けるってすごいことだなと感じます。毎月刊行の雑誌や重いデザイン書籍もいつでも持ち歩いて、使えるときに読めることが楽しいです。

 

今回はデザインを学ぶ時に参考になる、定期刊行の雑誌を紹介したいと思います。
定期刊行雑誌のいいところは、情報がフレッシュなところだと思います。

また、インタビューや実例など普段聞けないことなどを目にすることもできます。

 

Web Designing

WEBを学ぶ人なら誰もが知っているようなWEB専用雑誌。

移り変わりの早いWEBにおいて最新情報を密度の高い状態で学ぶことができます。WEB専門で学べる雑誌は珍しいため、とても気に入っています。
隔月刊行で月額プラン、年間プランがあります。

WD ONLINE

 

ブレーン

株式会社宣伝会議発行のクリエイティブ情報誌です。アート、広告、パッケージ、マーケティングなど幅広い情報が学べます。ブランディングについても事例付きで紹介されていたりして、とても面白いです。

デザインをどう捉えて考えるかの勉強にもってこいです。

宣伝会議発行の雑誌「ブレーン」

 

日経デザイン

デザインをより深い経営の観点から学ぶことができる雑誌です。

経営者や企画担当者にもオススメです。世の中のヒット商品などが、「何故」ヒットしたのか?を知るヒントが得られるところがとても気づきがあります。

ヒットしたものには必ず理由があるので、それを知れることってものすごい価値だと思います。

月刊誌の中でも月額費用が高めではありますが、日経デザインを契約すると「日経クロストレンド」、「日経トレンディ」も読めるようになります。

日経デザイン 最新号 | 日経BPマーケティング

 

+DESIGNING

グラフィックデザインの専門誌。第一線で活躍するデザイナーさんの技法からツールの使い方なども学べたりします。ツールの活用方法などが学べるのが実用的で嬉しいです。

+DESIGNING 公式サイト

 

デザインノート

グラフィックデザインの専門誌で最新のデザインと考え方が学べます。

毎回テーマごとに特集が変わり、時にはサブカルチャーなど身近なものの特集があったりなど、かなり幅広くデザインを知ることができます。 普段目にしているものが実はこうやって作られていた、という話しは単純に興味が湧きますし読んでいて面白い!

デザインのメイキングマガジン – デザインノート ON THE WEB

 

Typography

デザインに密接に関わっている文字の話、フォントについての専門雑誌です。
フォントに関わることがギュッと詰め込まれている本で、タイトル通りタイポグラフィーが好きな人は大興奮な雑誌。限定的ではありますが、デザインを学ぶ上で必ず役に立つと思います。

一度読めば、フォントの奥深さに気づくはず!

『Typography』公式サイト

 

MdN

デザイン専門総合雑誌としてかなり幅広いクリエイティブ業界のアレコレが学べます。

時にはイラスト、アニメ、マンガ、ファッションなどなど。知らないクリエイティブの世界を学べる雑誌です。

MdNですが、2019年4月号で休刊となり、以後はWEBメディアとしての展開が決まったそうです。
とはいえ、バックナンバーで面白い特集がたくさんあるので是非オススメしたい雑誌の一つ。

MdN 最新刊|株式会社エムディエヌコーポレーション

 

まとめ

ネットの情報が溢れかえる一方で、雑誌の情報密度も評価されるべきだと思います。

雑誌に限らず、本を読むことで知らないことが目に入って学びになることが多いです。
是非、気になる雑誌があれば読んでみることをオススメします。

 

 

 

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
波塚浩平

波塚浩平

デザイナー&コーダー株式会社インファクト
デザイナーの波塚です。昔からものづくりが好きで、なんでも自分でつくりたくなってしまうことが多いです。好きな言葉は「若いときに流さなかった汗は、老いてから涙となって返ってくる」です。後で後悔しないよう、今を全力で突き進みます!
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!