コロナ禍で明暗を分けた業種、生活者の価値観・消費行動はどう変わるのか?

インファクト京都Office 岡田です。ローランド・ベルガー社が、コロナ禍で明暗を分けた業種に関して、生活社の価値観、消費行動がどう変わるかを、とてもわかりやすく、言語化、図解してくれていましたので、紹介したいと思います。

事実からみるコロナ禍でマイナス打撃を受けた業種

引用:https://www.sankeibiz.jp/macro/news/200604/mca2006040500001-n1.htm

コロナ関連倒産 件数内訳
宿泊業が34件
飲食業が32件
アパレル関連 24件
食品製造業 16件
※6/3時点

アパレルはテレワークでよりカジュアル思考に、デジタル化にいかに対応するかがカギ

WFH=Work from home ですね。
より、カジュアル化、低価格が進むということですね。個人的にもトップスはWEB会議でうつるので、意識しますが、ボトムスはほんとに少ない数を着回すようになりました、笑

 

 

そして、今までも実店舗業績不振はありましたが、さらにデジタル化(ECなど)を進めていく必要性に迫られます。これを、どう本格化、認知、定着化が進めるかによって、これまた明暗がわかれることになるということです。

 

飲食は、競争激化

 

フードロス削減意識にどう訴えるかがカギ!?

 

まとめ

いかがだったでしょうか。感覚的には誰もが予想していたことだとは思いますが、このように、言語化、図解してくれていると次の戦略、実行しやすくなるのではないでしょうか。
今回ご紹介したレポートの全文は、こちらからダウンロードできます。
新型コロナウイルス 生活者の価値観・消費行動・働き方はどう変わるか_2020年5月12日時点版、東京 ROLAND BERGER社

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
岡田 ゆうか

岡田 ゆうか

INFACT 京都office 責任者株式会社インファクト
情報処理技術者
「企業のメディア化®」アドバイザーとして、企業のオウンドメディア立上げやコンテンツマーケティングの導入、WEBマーケティング コンサルティング、WEBサイト、ECサイト、その他アプリの制作まで、企業の集客・販促をお手伝いしています!
大手システム会社で3年、広告代理店で8年営業兼ディレクター、インファクトで「企業のメディア化®」研修講師をしてきた経験が今も活きています。
得意業界:化粧品、通販化粧品、育児、旅行、薬局、不動産
http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!