ZOOMで会議するなら議事録よりも録画がおすすめ|録画と活用方法

こんにちは。

WEB集客&メディア化アドバイザーの持田です。

最近、インターネット上で「ZOOM」を使ったオンライン会議が増えているのをご存知ですか?

今回はZOOMの数ある機能のうち「録画」機能に絞ってご紹介します。

ZOOMの登録方法や活用方法については↓

オンライン会議ソフトZOOMの使い方|インストール・設定方法

オンライン会議ソフトZOOMの使い方|基本操作と機能の解説

さて、早速録画機能をご紹介します。

ビデオ会議を録画するには

会議を録画するならZOOM|WEB集客ならインファクト

 

ZOOMを立ち上げて画面下にマウスを合わせると上図のようにツールバーが出てきます。

一番右側のアイコン「レコーディング」ボタンをクリックすると保存先を選べます。

ZOOMの録画時の保存先は

有料サービスの場合、「クラウドにレコーディング」を選択できるので保存先は「クラウドにレコーディング」を選びましょう。

有料サービスでは1Gまで保存が可能です。

なお、無料版の場合は、自分のパソコンに保存されます。

録画が無事に開始されると左上に「レコーディング…」と出ます。

これで会議に参加すると議事録を取るという作業から解放されますので安心して会議に集中できます。※会議後に議事録を作成する場合も振り返りで動画をチェックすればいいので聞き漏らしがあっても安心です。

録画が終わったらメールで通知※有料版

ZOOMは録画機能が便利!WEB集客ならインファクト

録画が終わってクラウド上で保存が完了すると上記のような通知が届きます。

ZOOMの動画は共有よりダウンロード

メールを開くと、動画をダウンロードするか共有URLで共有が可能です。

ZOOMは有料版でも1Gの容量しか保存できないので都度ダウンロードしましょう。

ダウンロードは動画と音声を選べる

ダウンロードを選択して「動画」ファイルと「音声」ファイルをダウンロードしたらこまめに削除するのがおすすめです。

ダウンロードした動画はYouTubeで限定公開で参加者とシェアすれば振り返りなども参加者で利用できます。

YouTubeに動画をアップロードする際に設定すること

まとめ

ZOOMは有料版で利用するのがオススメです。

月額1,800円前後ですが、高額なビデオ会議システムを導入しなくても遠隔地の参加者(最大50人)と顔を見ながらとか画面を共有しながら会議ができるのでオススメです。

各地に拠点があるならまずは1アカウント導入して使ってみてはいかがでしょうか。

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
インファクト編集部

インファクト編集部

中堅・中小企業売上UP研究所by株式会社インファクト【INFACT】です。WEB&ソーシャルメディアマーケティングを得意とし販売促進支援企業として販促コンサルティングからWEB制作・カタログ・パンフレット制作まで企業の売上アップをサポートします。http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!