ホームページ制作時にするサーバー移転って何?

おはよございます、コンノです。
サイト制作・リニューアルする際に、サーバー移転も同時に行うことが多いと思います。
今日は、サイト制作・リニューアル時にするサーバー移転について紹介致します。

目次

  • サーバー移転することのメリット
  • サーバー移転することのデメリット
  • サーバー移転の注意点
  • サーバー移転について
  • 最後に…

サーバー移転することのメリット

サーバー移転することによるメリットは、

  • サーバーの容量や機能が良くなる
  • セキュリティ対策の向上
  • WordPressなどのCMSの最新バージョンが利用できる

サーバー移転は、機能が良い最新の箱に引っ越すという感じです。

サーバー移転することのデメリット

デメリットは、

  • 新しい環境用に設定が必要
  • サーバー移転期間はサイトの更新ができない
  • メーラーの設定情報が変わる

ホームページのリニューアルの場合は、全て新しいサーバーで構築するので「メーラーの設定情報が変わる」以外のデメリット部分はなくなります。
サーバーの契約状況によって、先にサーバー移転をする場合のデメリットと言ったほうが良いかもしてません。

サーバー移転の注意点

サーバーが変わることでエラーが起きないか事前調査が必要

サーバー移転することは、サイトやブログが置かれている環境が変わるということなので、サーバー構成に依存する設定がされている場合は注意が必要です。
サーバー移転をする前に、事前に調査をしましょう。

現状のサーバーと引越し先のサーバーのデータを同じにする

サーバー移転するには、引越し先のサーバーと現状のサーバーのデータを同じにすることが重要です。
両サーバーを同じデータにするために、サイト・ブログの更新作業を一時中止する必要になります。
サイト・ブログの規模にもよりますが3~7日程度、移転作業日数がかかります。毎日ブログを更新している場合、サーバー移転前に予約投稿のストックをしておかなければならなくなります。

メールの設定を変える

サーバー移転の多くの場合、メールサーバーも移転します。
サーバーが変わるので、新しいサーバーに今まで使用していたメールアドレスを作成しなければいけません。
メーラーに新サーバーで作成したメールの情報を設定する必要が出てきます。
サーバー切替時は、現状のサーバー、新サーバーどちらを見に行くか不安定な状態になります。
必ず、メーラーには新旧のサーバー情報を設定しておきましょう。

最後に…

サイトやブログのデータは増加し、機能は日々進化し続けています。
ずっと同じサーバーを使い続けると、セキュリティ面や機能・容量など支障が出てくることがあります。
サイト制作・リニューアルする際は、箱となるサーバーを見直す機会でもあります。
今回の記事が、みなさまのお役に立てれば嬉しいです。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
今野 ちか
株式会社インファクトでWEBサイト・ブログの制作からお客様サポートまで担当しています。どう改善したら伝わりやすいのか、反応が出るのかを常に考えながら仕事に取り組んでいます。WEBサイトだけでなく、紙ものメール設定など、幅広い業務に携わっているので、色んな視点でお客様のお手伝いができると思います。よろしくお願い致します。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!