【簡単便利】Googleスプレッドシートで一部の列・行を非表示にする方法

こんにちは!滝沢です。
すっかり寒くなってきて、起床時のエアコン「ぴっ」が日課となってきました。

さて今回は、Googleスプレッドシートで一部のセル列・行だけを隠したい、一時的な資料としてある特定の部分だけ印刷したい・・・なんてときに便利な、セル列・行を一時的に非表示にする方法をお伝えします。

Googleスプレッドシートの不要な行・列を非表示にする方法

“非表示”で列・行を隠す

まずスプレットシートを開き、非表示にしたい列または行のアルファベット/数字部分にカーソルを持っていきます。すると右側に「▼マーク」が出てきますので、クリックしましょう。

あとは簡単。「行/列を非表示」を選択してください。

するとどうでしょう、F列が完全に非表示になりました!とっても簡単ですよね。

 

非表示にした列・行はいつでも「再表示」が可能!

では、一時的に非表示にした列・行を戻す時はどうでしょう。

非表示にした列や行の部分には、画像の通りつまっているような「◀︎|▶︎」マークが表示されます。

再表示をしたい場合は、そのマークをクリック!すると、非表示にした部分が再び表示れるようになります。

まとめ

エクセルよりも確実に便利なスプレッドシート。業務に欠かせない存在になってきています!!まだ社内ではエクセルでやり取りしている・・・という企業さまは、是非社内ファイルのクラウド化をご検討されてみてくださいね。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
滝沢 きり

滝沢 きり

インファクト京都Officeでインターンをしている滝沢です。趣味は旅行・登山・料理です。現在ドイツ語とお灸がマイブームです!何かを作り出すことが好きなので、これから沢山勉強をして素敵なWebデザインを作成できるようにしていきたいです!
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!