スマホの無料アプリでWEB用の画像をカンタンに作る方法

スマホの無料アプリでWEB用の画像をカンタンに作る方法

こんにちは!デザイナーの波塚です。
今回はPhotoshopなどの有料の専用アプリを使わず、スマホの無料アプリで簡単に画像を作成する方法を紹介します。

紹介するアプリはPCブラウザでも利用できるので、スマホで途中まで作成して後でPCで続きを作るなんてこともできます。逆もまた然りです。

豊富なテンプレートがあり、高機能ですが直感的に使用できるので簡単に画像を作ることができます!

 

ちなみに、この記事のヘッダー画像は私が実際にスマホで作ったものです。ある程度慣れればここまで作れます!↓↓↓

スマホの無料アプリでWEB用の画像をカンタンに作る方法

それでは、アプリの操作方法を解説していきます。

今回は2つのアプリを使っていきます。
1つ目のアプリ「Canva(キャンバ)」では「画像の作成」

‎「Canva – 画像加工デザイン」をApp Storeで

2つ目のアプリ「Photoshop Fix」(フォトショップ フィックス)では「画像の比率の調整」を行います。

「Adobe Photoshop Fix」をApp Storeで

無料アプリ「Canva」(キャンバ)でWEB用の画像を簡単に作る方法

無料アプリ「Canva」(キャンバ)をDL、会員登録をする

まず、使用するアプリをDLしましょう!

app store

google play

DLしたら無料の会員登録をしましょう。Googleなどの外部サービスアカウントからでも作成できます。

めんどくさい、と思う方もいるかもしれませんが、アカウントを作成することで作った画像を再度編集することができます。
スマホとPCで作業を引き継げるものこのアカウントがあるおかげです。

好きなテンプレートを選ぶ

アプリを起動したら、作る画像に使いたいテンプレートを選びましょう!

Canvaでは豊富なテンプレートから好みのものを選ぶことができます。(一部有料のものもあります)

上部ヘッダーのテンプレートのカテゴリから「作る画像に近い形のもの」を選びます。

例:正方形の画像なら「instagram」、ブログバナーなどの長方形の画像なら「Facebook」など
Canvaではテンプレートを選ぶとき、サイズが指定できません。
そこで、作る画像の大きさ比率を大まかにイメージしておき、テンプレートを選ぶことをおすすめします。

 

背景画像を変更する

テンプレートを選んだら、まずは背景画像を変更しましょう。

背景部分をタップすると、下にカメラロール、画像、カラー、フィルターなどの項目が表示されます。

単色のカラーにしたり、フィルター設定ができたりもできますが、ここではiPhoneに保存されている画像を挿入しました。

このテンプレートでは画像を入れ替えても緑色のマスク(透明な緑色)が乗っているようなデザインが引き継がれます。
このように、テンプレートによって見え方が変化したりしますので、色々と試してみるのも楽しいです。

 

最後に文字を変更する

最後に文字を変更します。

テキスト部分をタップすると文字を編集することができます。

1回タップでは「フォントの変更」「太字・斜体・カラー・大きさ」、「間隔と行の高さ」を変更できます。
2回タップでは文字を編集できます。

やり方としては、まず2回タップで文字を入力。次に1回タップで細かい編集をしてく形がやりやすいと思います。
上下の英字などは入らなければ削除してもOKですし、タイトルに合った英語を入れるとワンポイントオシャレな画像になるかも!?

大きさ、間隔と行の高さなどちゃんと調整できると印象がガラッと変わります!

 

完成したら画像を保存

画像が完成したら上部のボタンで保存しましょう!

私がやったことは「画像の変更」「文字の入力と調整」だけです。
意外と重要なのがテンプレート探し、元がよければ編集後もいい画像になることが多いです。あとは慣れればどんどんいい画像が作れるようになります。

仕事だけでなく、SNS画像の作成にもおすすめです。

ここで画像作成は終了ですが、WEBで使う前に「画像の比率」を調整しましょう。

 

Photoshop Fixで画像の比率を調整

WEBで使われている画像には3:2、16:9などなど様々な比率があります。
あなたが仮にWEBに複数の画像を使うとして、そのサイズがバラバラだと統一感が無く、見た目にも悪影響です。

そこで、画像の比率を簡単に変えられるこのアプリの出番というわけです。
※先ほど述べたように、画像を作るCanvaではサイズの指定ができません。
テンプレートで大まかな比率をイメージすることしかできないので、最後にこのアプリで比率を調整する必要があります。

無料アプリ「Photoshop Fix」(フォトショップ フィックス)をDL、会員登録をする

こちらでアプリをDLします。

app store

google play

こちらもCanvaと同様、アカウントの作成が必要です。同じくGoogleなどの外部サービスで登録をおすすめします。

プロジェクトで画像を開く

アプリを開いたら右上の[+]マークをタップします。

画像をどこから読む込むかが出てきます。iPhoneからを選択します。

 

切り抜きで画像比率を調整

画像が開けたら、左下の「切り抜き」を選択します。

様々な切り抜き比率が表示されるので、自分が使うものに適したものを選択しましょう!

インファクトのブログアイキャッチは3:2なので、ここではその比率を選択しています。

保存して完了!

切り抜きが完了したら、上部のアイコンをタップしてスマホに保存します。

これで比率もしっかりと調整されが、画像の完成です!あとはWEBで実際に使うだけ、とても簡単ですね。

 

まとめ

今回は実際に実演的に画像の作り方を紹介しました。
私が初めてCanvaを使った時、テンプレートの数と機能性に驚いたのをよく覚えています。

これなら普段画像制作をしない人でも、テンプレートに沿って編集すれば画像が作れる!と考えました。

今の時代、スマホの無料アプリでここまでできる。皆さんもぜひ使ってみてください。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
波塚浩平

波塚浩平

デザイナー&コーダー株式会社インファクト
デザイナーの波塚です。昔からものづくりが好きで、なんでも自分でつくりたくなってしまうことが多いです。好きな言葉は「若いときに流さなかった汗は、老いてから涙となって返ってくる」です。後で後悔しないよう、今を全力で突き進みます!
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!